>

遺品整理をトラブルなく効率よく進める方法!

遺品整理の進め方と注意点

両親や家族など身近な人が亡くなった場合、故人の残した遺品をどのように整理したらよいのでしょうか?
全てを残して置くことは難しいので、形見として残す物と整理するものに分けることが必要となってきますが、相続者が複数いる場合や賃貸などの引き払いのため期日が限られている場合など注意することがたくさんあります。
遺品整理は、かなりの作業量が必要となるため、時間も体力も相当要します。
期日とともに、遺品整理をプロの業者にお願いするかなども含めて、相続者間できちんと話し合いましょう。
また、通帳・印鑑などの貴重品や貴金属も形見分けするのか確認しておく必要があります。
大型の家電や家具は、処理に1番困るものですが、こちらは古いものでも回収して、海外にリユースしてくれる業者もあります。
回収業者の中には、買取対応しているところもありますので、調べておくと便利です。

遺品整理をプロにお願いした場合

遺品整理は、故人への思いが強かったり、遺品が莫大な量の場合、心身共に疲れてしまうこともあります。
しかし、遺品整理にはプロの業者が存在します。
業者は、遺品整理のプロですので、作業はスムーズに行え、ノウハウを持っているため大きな見落としをすることなく、短時間で済むところも魅力です。
相続を行う親族がバラバラに住んでいたり、故人の家から遠方という場合は、なかなか頻繁に集まって作業することも難しいでしょうし、故人が賃貸に住んでいた場合は、引き払いの期日もあるため尚更早急に進める必要があります。
業者によっては、清掃や供養、買取などオプションがついたサービスもありますので、別々にサービスを依頼する手間も省け、買取したものと作業費を相殺できるメリットもあります。
自分たちでどこまでできるか確認した上で、プロに依頼するサービスを検討するとよいでしょう。


この記事をシェアする